Kazuo Yoshida                   吉田和雄



3rd Album

岸辺のボッサ

1st Album

海辺のカフェ  
KYCD-1401

2nd Album

浜辺のボッサ
  KYCD-1601

Shop































Nagasawa

































Sonoe








PANDRUM Profile



パンドラム」プロフィール

日本でのブラジル音楽の草分け的存在、吉田和雄(ドラマー、プロデューサー)が優れた若手プレーヤーを集め、2012年に結成。スティールパンの暖かいサウンド、アコースティックギターの美しい響き、そして軽快なリズムをフィーチャー、ブラジル音楽の楽しさを伝える世界でも類を見ないユニークなユニット。1stアルバム「海辺のカフェ」が2014年6月に発売され、同年9月にはブラジル公演で大成功を収めた。2016年7月にはボッサ・ピアノの巨匠、ジョアン・ドナートが参加した第2弾「浜辺のボッサ」をリリース、楽しいサウンドに磨きをかけている。2019年よりギタリストが替わり、新たなスタートを切り、5月26日にはこのメンバーで新作「岸辺のボッサ」をリリース。

メンバー
山田園恵(やまだそのえ) スティールパン

東京生まれ。武蔵野音楽大学卒業。打楽器を学びながらスティールパンを始める。卒業後、日本を代表するスティールパン奏者である原田芳宏氏に出会い『Panorama Steel  Orchestra』 の活動がスタート。以来十数年にわたりメンバーとして活動を続けている。FUJIロック・フェス'07、年荒吐ロック・フェス’09など各地で演奏、これまでに5枚のアルバムをリリース。NHK「ドレミノテレビ」、日テレ「ウリナリ」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」等に出演。‘07年、スティールパンの生まれ故郷のトリニダード・トバゴに滞在。現地のバンド『Starlift』のメンバーとして、世界三大カーニバルのひとつ、トリニダードのカーニバルに参加。’15年、第一回目のスティールパン世界大会にアジア代表として『Panorama Steel Orchestra』で出場、名だたる強豪の23バンドが揃う中、9位に入賞した。

長澤紀仁(ながさわのりひと) アコースティックギター
大学在学中よりプロギタリストとして活動開始。様々な音楽経歴を経て80年代にブラジル音楽に出会い、そこに自らのメインフィールドを展開。2006年、Durval Ferreiraのプロデュースでブラジルデビュー。日本のブラジル音楽界を代表するギタリスト。
鈴木重子、故・中島啓江、noon 、葉加瀬太郎、岩崎宏美、島田歌穂、故・すがはらやすのり、西岡たかし、hiro(ex:Speed)、渡辺真知子、chie、吉田和雄、Wilma de Oliveira、柏木広樹、大澤誉志幸、等数多くのミュージシャンのライヴやレコーディング、アレンジに参加。
また、Beat Boys、ひじりびと、もにじんなどのユニットに在籍中。