Kazuo Yoshida




























































プロフィール/Profile


吉田和雄 ドラマー、サウンド・プロデューサー

埼玉県川越市出身、在住。東京理科大中退。
 子供のころから地元の「川越まつり」(2016年にユネスコの無形文化遺産に登録された)に親しみ、囃子を学ぶ。高校の頃、兄の影響で聴いていたジャズ番組で、折しも台頭して来た「ボサノヴァ」に大いに感動。その根源であるサンバのリズムに囃子との共通点を見出す。大学時代、ドラムをジョージ大塚氏に師事。バンドボーイを経て、赤坂のブラジル・レストラン「コルコバード」でプロデビュー。同時期に自身のバンド、「Spick & Span」を結成。ブラジル音楽に特化しての活動が来日ブラジリアン・アーティスト達の間で評価され、マリア・クレウザ、ジョイス、ジョアン・ボスコ、レシ・ブランダン等ビッグ・アーティストと共演。1979年には鬼才、エギベルト・ジスモンチ(Gt, Pf)をゲストとして迎え、アルバムを制作した。

 ジャズ・ジャイアンツとの交流もあり、渡辺貞夫氏の番組、「マイ・ディア・ライフ」にも数多く出演。六本木ピットインでは名ギタリスト、パット・メセニーと共演した。

 プロデューサーとしては、小野リサを世に送り出し、初期の10作余りを制作。また、南佳孝、ジョイス、ジョアン・ドナート、ワンダ・サー、カルロス・リラ、ケイ・リラ、ヴァレリア・オリヴァイラ等を手掛け、ブラジル録音だけで200タイトル余りを制作。

 2014年には所属する川越の囃子連、「竹生会(ちくぶかい)」の有志を率い、国際交流基金の協力を得、ブラジル3都市で現地のアーティストと交流するコンサートを主宰、文化交流を果たした。

 現在、遠藤律子(Pf)、山根幸洋(Bs)との「Toquio Bossa Trio(トキオ・ボッサ・トリオ)」、山田園恵(Steel-Pan)、細田好弘(Ac-Gt)との「PANDRUM(パンドラム)」、3管楽器を中心とした「Brass Brazil!(ブラス・ブラジル!)」を率い、都内のジャズ、ブラジリアン・クラブなどに出演中。
 
 2018年9月19日にはジョイス、ワンダ・サー、ケイ・リラ等多くのゲスト参加を得て、ブルーノート・リオに日本人初のリーダーライブとして出演、大絶賛を受けた。https://www.facebook.com/BlueNoteRio/videos/322859895114020/

 2009年、ブラジリアン・ドラミングのDVDをリットー・ミュージックから発売、ロングセラーとなる。30余年間TAMA Drumsの契約アーティスト。