Kazuo Yoshida                   吉田和雄


PANDRUM パンドラム

Toquio Bossa Trio トキオ・ボッサ・トリオ

Brass Brazil! ブラス・ブラジル!

Spick&Span スピック&スパン

Nara Leao ナラ・レオン

Joao Donato ジョアン・ドナート

Della Bossa Series 心に優しいボッサ・シリーズ

Joyce Moreno ジョイス・モレーノ

Lisa Ono 小野リサ

Miucha ミウシャ

























価格が表示されている
アルバムは在庫がござ
います。
お買い上げは
  Shop まで。


































































   お買い上げは
  Shop まで

Discography/ディスコグラフィーDrummer & Producer


ほろよいBar~Bitter Jazz

DLDH-1897 \1800+Tax
Brass Brasil!のメンバーを中心に、美女と野獣、チェンジ・ザ・ワールド、コーリング・ユーなど全15曲を洒落たアレンジで聴かせる名曲集。

Yuji Otsuka 大塚裕司

アミザーヂ YOCD-1701 \2500
大企業の社長でありながら、ブラジル音楽をこよなく愛し、自らもクイーカの名手として参加したリオ録音の傑作。

PANDRUM パンドラム

浜辺のボッサ KYCD-1601 \2300+Tax
2ndアルバムはより軽快に、そして爽やかに。名ピアニスト、ジョアン・ドナートの曲も多く取り上げ、本人も1曲ゲスト参加。

海辺のカフェ KYCD-1401 \2500+Tax
ギター、スティールパン、ドラムというユニークなバンドのデビュ-アルバム。「黒いオルフェ・メドレー」などボサノヴァの名曲を網羅。オリジナルも充実。

Toquio Bossa Trio トキオ・ボッサ・トリオ

オ・グランジ・アモール KYCD-1701 \2500
5作目はキュートな韓国ボサノヴァ歌手ヒョーキとの共演盤。ジャズスタンダードの「Beautiful Love」などのインストも収録。

ブラジリアン・ヴォイセス KYCD-1402 \2300+Tax
4作目はブラジル人歌手4人を迎えた豪華版。特にドゥドゥ・サリーナスをフィーチャーした「ビリンバウ」は必聴。いつものようにインストもゴキゲン。ライブで大人気の「サンバ・デ・ジャネイロ」を収録。

ストールン・モーメンツ KYCD-1201 \2571
ジャズのスタンダードもポップスもブラジル・タッチで料理。バップ時代の名曲をメドレーに。ジョージ・ベンソンのレパートリーから「変わらぬ想い」も収録。

クライ・ミー・ア・リヴァー OMCA-1136 \2500
タイトル曲をはじめ「スウィングしなけりゃ意味が無い」などジャズナンバーも数多く収録。独特のアレンジで聴かせます。

エンジェル・アイズ KYCD-0901 \2500
ブラジルで盛んだったピアノトリオ。いつしかギターの弾き語りがボサノヴァの主なスタイルに。そこで、日本で新たに吉田が結成したトリオのデビュー作。

Brass Brazil! ブラス・ブラジル!

グロリア KICP-1625 \2381+Tax
強烈なリズムと炸裂するブラスサウンド、縦横無尽なアドリブ。もっとも熱い国ブラジルを極上なサウンドで表現する新録音コンピレーションアルバム!「アレグリア」との2部作 です。

アレグリア KICP-1626 \2,381+Tax
強烈なリズムと炸裂するブラスサウンド、縦横無尽なアドリブ。もっとも熱い国ブラジルを極上なサウンドで表現する新録音コンピレーションアルバム!「グロリア」との2部作 です。

DLDH-1897 \1800+Tax
Brass Brasil!のメンバーを中心に、美女と野獣、チェンジ・ザ・ワールド、コーリング・ユーなど全15曲を洒落たアレンジで聴かせる名曲集。

Spick&Span スピック&スパン

ザ・スピック&スパンCOCB-54068 \2400+Tax
ついに名盤のCD化が実現。吉田のブラジル音楽への情熱と自己の音楽性を開花させたバンドのデビューアルバム。トロンボーンの名手、向井滋春も在籍。

サルヴァドールCOCB-54068 \2400+Tax
とうとう憧れのジスモンチをゲストに招き、独自の音世界を構築sした2ndアルバム。ブラジル音楽に対する敬愛の念を込めた力作。人気の「トンボ〜ミストラーダ」を収録。

Nara Leao ナラ・レオン

イパネマの娘PPD1054
1985年、筑波の花博に来日の折に、六本木のソニースタジオで録音。スピック&スパンからはベースの坂井紅介、パーカッションの八尋トモヒロと僕が参加。10am開始と聞いていたので9amにセッティング、サウンドチェックを済ませスタンバイ。そこに現れたメネスカル、「すごい。10時と言われりゃ、ブラジルじゃスタジオのカギが開く時間だ。」と変なことに感激され、それがきっかけで翌年、リオのスタジオを案内していただきました。それが小野リサの1stアルバムの録音へと繋がりました。ナラはと言えば1曲終わると仰向けに床に横たわるリラックスぶり。後で解ったのですが、その時すでに彼女は脳腫瘍だったのです。リサのデビューと同じ年に逝ってしまいました。僕の音楽人生を変えた1枚です。

Joao Donato ジョアン・ドナート

ブルー・ボッサ〜スタンダード・コレクション〜KICP-1729 ¥3240
ボサ・ノヴァ創成期から活躍、60年代をアメリカで過ごし、ラテン、ジャズのミュージシャンとの録音、共演を経て独創的なピアノ・スタイルを確立。80歳にして初のスタンダード集。ボサ・ノヴァ、ジャズの有名曲をトリオをベースに管楽器を加えて、’14年のリオ録音。BGMとしても楽しめる心地よいサウンド。2枚組全25曲。吉田のプロデュース力が光る傑作。

Coisa Tao Simples
1996年、前年の奇才と呼ばれたドナートと小野リサの共演アルバム「サウダージ」を完成させた手腕を買われ、ブラジルのレコード会社から制作のオファーを受けました。日本からは城戸夕果(Fl)、仙道さおり(Conga)が参加。それはそれは大変で、帰国してから高熱にうなされました。

Della Bossa Series 心に優しいボッサ・シリーズ

フェルナンド・メルリーノ・トリオ/夜カフェ・Jazz Bossa DLDH-1888 \1800+Tax
カフェシリーズ1番人気のトリオの最新作。リラックスした中にも玄人好みのフレーズがちりばめられた、お洒落な作品です。

カフェ・ボッサ〜モーニング・ブリーズ DLDH-1886 \1800+Tax
カフェシリーズに登場するアーティストを集め、ギター+フルートなどの小編成で室内楽的にまとめた名曲集です。

カフェ・ボッサ〜リラクシン・ナイト DLDH-1884 \1800+Tax
カフェシリーズに登場するおなじみのアーティストを集め、小編成で室内楽的にまとめた、上記モーニング・ブリーズと対をなす名曲集。

アドリアーノ・ソウザ・トリオ/カフェ・ボッサ〜スウィート・アフタヌーン DLDH-1881 \1800+Tax
ピアノの新星が贈るクリスタルなサウンド。「ビー・マイ・ベイビー」、「君の友達」など懐かしの名曲をボサノヴァ・タッチで現代によみがえらせた作品。

フィリッピ・バーデン・パウエル・トリオ/夜カフェ〜メロウ・ボッサ DLDH-1869 \1890
ギターの名手、バーデン・パウエルの長男。親譲りのリズム感と在住するパリのエスプリを併せ持つ。「弾く」ではなく「奏でる」ピアノで父の名曲を見事に表現。

フェルナンド・メルリーノ・トリオ/夜カフェ・Jazz DLDH-1866 \1890
このトリオのデビュー作は何と2万枚を超すヒットに。僕もこんなに評判になるとは思っていませんでした。とてもシアワセ。

ゆるカフェ〜ボッサ DLDH-1854 \1890
僕のカフェシリーズはこれが始まり。華メンバーに「とにかくリラックスして!」とお願いしながら録音。それがサウンドにしっかり表れたチョー心地よいサウンドに。歌とインストが半々。

Joyce Moreno ジョイス・モレーノ

Palavra E Som 〜言葉と音〜RBCP2999
シンガー・ソングライターとしても名高い彼女。タイトルの明確なコンセプトに裏付けされた柔和な音世界が広がる。ドリ・カイミも参加。

CoolCOCB-54176
ファン待望、英語のスタンダード集。ウエストサイド物語から「クール」、ベラフォンテでおなじみの「バナナ・ボート」、ペギー・リーの「フィーバー」そしてマンシーニの「ムーン・リバー」は弾き語りで。

ジョイスフル OMCX-1259
初来日から30周年記念盤。「ウッパ・ネギーニョ」、「中国人と自転車」などの名演、僕との共作、「ブラジルの雨」、エリスが取り上げた「或る女」、スピック&スパンとの「アテ・ジャズ」などレアトラックが16曲。リマスターにより高音質に。

Raiz〜私のルーツ OMCX-1258
初録音から50年。そのとき世話になったボサノヴァの重鎮ホベルト・メネスカルをゲストに自分のルーツをたどり厳選した全13曲。

Lisa Ono 小野リサ

カトピリMDCL-5001
リサのデビューアルバム。僕にとっても初のリオ録音でした。スタッフ全員の情熱があふれた、まぎれもない名盤!

ナナンMDCL-5002
2ndアルバムは豪華に大編成に、チョッとシットリめに。「星の散歩」というヒット曲が生れました。

ミニーナBVCK37058
レコード会社を移籍して初のアルバムは、リサの最大のヒット作。1曲目の快調な出だしが全てを物語っています。僕の得意とするサウンドです。

セレナータ・カリオカ BVCK37059
リオで録音、LAでオーケストラの録音など、僕にとっては思い出多い作品。ジョタ・モラエスのアレンジが光っています。

ナモラーダ BVCK14014
ハーモニカの名手、トゥーツ・シールマンズをゲストに迎えたミニアルバム。僕もシェーカーで参加。

エスペランサ BVCK14015
ついにジョビンをゲストに。歌うところを決めずに彼の気の向くままに録音。ピアノの音はやはりジョビン。記念撮影の時、リサとの2ショットは笑顔、僕の時はむっつり。当たり前ですね。

サウダージBVCK37061
1995年、リサの提案で今度はジョアン・ドナートに挑戦。ベーシック録音を終え、オーケストラ録りの日にまだアレンジが出来上がらず、1度帰国。再度リオに行って仕上げた苦心作。でも、それだけの価値がある名作です。

アミーゴス BVCK-37063
リサのナナンレーベルでは数多くの作品を作りました。どのアルバムにも彼女はゲスト参加。それを集めると豪華なコンピレーション作品になりました。

ボアス・フェスタスTOCT24460
再度レコード会社が変わってから、僕はしばらく離れていましたが、要請があり復帰。それが2000年に制作したこのクリスマス・アルバムです。

ボッサ・フラ・ノヴァTOCT24627
2001年はハワイで名歌手テレサ・ブライトを録音。たまたま乗ったタクシー・ドライバーはパンデイロ奏者だそうで、ハワイの気候はブラジルに似ていて住みやすい、と言っていました。

クエスタ・ボッサ・ミーアTOCT25080
2002年にはローマに飛び、カンツォーネのボビー・ソロをゲスト録音。教会の地下のスタジオはとても素敵でした。

ダン・モニール TOCT25080
翌2003年はパリに渡り、国宝級の歌手、アンリ・サルヴァドール、アコーディオンのミシェル・ガリアーノを録りました。感動もつかの間、僕はブイヤベースに当たったのか、体調を壊してしまったのも、今となっては良い思い出です。

ナイマ〜メウ・アンジョ〜 TOCT25409
2004年はアフリカ、と言っても東京録音。パーカショニストのゼロ、ギターのホメロ・ルバンボを迎えての録音は楽しかった〜。リサの妹さんの里笑さん、サッシペレレのルーシーもコーラスに参加。

Miucha ミウシャ

黄色いバラOMCX-1019
ブラジルの国民的アーティスト、シコ・ブアルキの姉でジョアン・ジルベルトの元奥様、ベベウ・ジルベルトの母、ジョビンとの親交も深かった歴史的人物の久々のソロアルバム。本当に素敵なおばちゃまでした。